HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

三重・紀北町、リーダー研修−若者6人で町おこし

 紀北町を全国に知らしめよう―。三重県紀北町は自らの創意工夫で特色ある町づくりを推進する若手リーダーの養成を狙いに「町おこしリーダー研修」事業を始めた。メンバーは開業医や民宿経営者、観光インストラクターら公募で集まった6人。20、30代の男性で、研修を受けて町おこしに取り組む。県内でこうした取り組みを行うのは初めて。

 研修期間は7月から2011年2月までで、その間に4回の研修会や町おこしに成功した先進地への視察も実施。先日開かれた開講式では「農林水産品や観光資源など地域資源を活用したビジネスを創出し、雇用も生み出したい」と決意を述べる参加者もおり、全員やる気十分。今後はテーマを絞って町おこしにつながるさまざまな調査を開始する。

 同事業実施の背景には「基幹産業である漁業、林業が低迷し、年々少子高齢化が進んでいる」(尾上壽一町長)ことがあり、若手リーダーによる町おこしで地域全体の活性化を図る考えだ。(津)


【2010年8月2日 日刊工業新聞社】