HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

にいはま大島・推進協、七福芋ブランドに3商品追加

 にいはま大島七福芋ブランド推進協議会(愛媛県新居浜市、藤田修正会長)は、別子飴本舗「白いもキャラもっち」(1箱950円)など3商品を七福芋ブランドに認定した。新居浜市の地域資源の白いも(七福芋)を同市のブランドとして全国に売り出すのが目的。今回の認定で計12商品となった。

 認定したのはこのほか、喜怒哀楽「七福芋とうど焼き」(価格150円)と、蛭子堂「大島の恵み」(同1個120円)。このうち「白いもキャラもっち」は、白いもと生キャラメルを交ぜたもちで新居浜商業高校がプロデュースした。

 七福芋は新居浜市の大島で栽培するサツマイモの一種の白いも。濃厚な甘みとしっかりした食感で、菓子類以外に芋焼酎などが販売されている。同協議会は展示会への出展などを通じて認定商品を県内外でアピールし、認知度を高める考えだ。(松山)


【2010年7月29日 日刊工業新聞社】