HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

PFU、漆塗り特別モデルのスキャナーを発売

 PFU(石川県かほく市、輪島藤夫社長、076-283-1212)は創業50周年を記念してスキャナー「ScanSnap」の漆塗り特別モデルを発売した。金沢の伝統工芸である輪島塗を採用した。価格は「S1500」が30万円、「S1300」が20万円。それぞれ25台を限定販売する。スキャナーのカバー外側などに、石川県の県鳥であるイヌワシとロゴを蒔絵(まきえ)であしらった。天日と人力を使った昔ながらの製法で漆を重ね、蒔絵技法の中でも最も華麗な肉合蒔絵(ししあいまきえ)を採用した。性能は通常モデルと同等。

 特別モデルの発売に合わせて「スキャナー活用コンテスト」を実施する。スキャナーのユニークな活用方法やアイデアを募集。最優秀賞1人にS1500、優秀賞1人にS1300を贈る。応募期間は8月23日まで。(金沢)


【2010年7月20日 日刊工業新聞社】