HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/みな寿し・平敬三社長「将来は百貨店」

 「リピーターも増えている。秩父名物として全国に普及させたい」と意気込むのは、みな寿し(埼玉県秩父市)社長の平敬三さん。イワナを使った押しずしを2001年に生み出した。

 奥秩父の川に生息するイワナをモチーフに「観光客が喜ぶ名物が提供できないか」と考えたのがきっかけ。味付けを工夫し「生臭さが全くない」のが特徴で、地元の道の駅で販売中だ。

 とはいえ「知名度が低い」のが目下の課題。「慣れない営業活動に苦戦している」と苦笑いしながらイワナのようなスピードで駆けめぐり、将来は百貨店や駅での販売を目指している。(さいたま)


【2010年7月15日 日刊工業新聞社】