HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

KRP、来月にデザイン講座−伝統工芸の拡販指南

 【京都】京都リサーチパーク(KRP、京都市下京区、佐納徹郎社長、075-315-9329)は、伝統工芸を現代の生活スタイルに結び付けて市場開拓を目指す製品開発講座「伝統工芸+デザイン」を、8月に開講する。伝統工芸産業に従事する企業と個人事業主が対象。竹工芸や漆器、象眼、西陣織、京障子など京都の多様な地場産業に、デザインを生かした商品展開や海外でのPR法などを指南、活性化を図る。

 21、23の両日、同リサーチパークで講座に関する説明会を開く。申請企業の商品開発力などを審査して、参加者を7社程度まで絞り込む予定。講座は8月から2011年6月までの間に計5、6回開く。

 講師として、家具や家電、家庭用品などのデザインを手がけ、国内外で多くのヒット製品を生み出しているプロダクトデザイナーの喜多俊之氏を招く。参加費用は10万円。問い合わせは京都リサーチパーク産学公連携部(075-315-8491)へ。


【2010年7月14日 日刊工業新聞社】