HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神奈川県漁連、直営食堂をオープン−24漁協から新鮮食材

 新鮮な地場の魚はいかが―。神奈川県漁業協同組合連合会(神奈川県漁連、横浜市金沢区、045-773-8877)は敷地内に初の直営食堂「ぎょれん市場」を14日オープンする。県内で水揚げされた魚介類を使った食事を提供するほか、海産物を販売する。神奈川県漁連の岡彬代表理事副会長は「地元でどんなものが獲れるのか興味を持ってもらい、人々の交流の場になれば」と期待を寄せる。

 県内にある24の漁協から仕入れる季節の魚介類がメーン。メニューは日替わりで、調理法も刺し身、マリネ、焼くなどさまざま。600―1500円前後で食べられる。メニューにはその食材が収穫された場所などの情報を掲示。

 ぎょれん市場の長岡武場長は「食事だけでなくサービスを提供する場にしたい」と意気込む。問い合わせはぎょれん市場(045-353-8820)へ。(横浜)


【2010年7月14日 日刊工業新聞社】