HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都市、伝統産業の拡販支援−市場開拓テーマに助成金

 【京都】京都市は「京ものきらめきチャレンジ事業」の、対象事業の募集を始めた。京友禅や金箔細工など市の伝統産業に従事する産地組合やグループを対象に新市場開拓の取り組みを支援し、次代の伝統産業をけん引するトップランナーを育てるのが狙い。補助金額は対象経費の2分の1以内(上限300万円)で、8月13日まで伝統産業課(075‐222‐3337)で申し込みを受け付け、9月上旬をめどに対象事業を決定する。

 チャレンジ事業では、市場開拓のテーマを「首都圏」「団塊の世代」「海外」に設定。テーマに沿った市場で売り上げを増やすためどんなデザインや価格帯にするか、宣伝や販路開拓をどうするかなどを申請者にプレゼンテーションしてもらい、対象者を決める。

 首都圏や海外で拡販する場合、通訳・翻訳料や展示会出展費なども対象にする。技能などを重視している分、"マーケティングが弱い"とされる伝統産業の弱点を補い、底上げにつなげる。


【2010年7月12日 日刊工業新聞社】