HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

エネルギア不動産、広島・佐伯区で温泉施設起工

 【広島】エネルギア不動産(広島市中区、井上憲次郎社長、082-546-3060)は24日、広島市佐伯区で温泉施設「ほの湯楽々園店」(仮称)を起工した(写真)。露天風呂やサウナのほか、岩盤浴設なども設けた長時間滞在型の施設となる。2011年春の開業予定で、初年度は46万人の入場者を見込む。

 ほの湯楽々園店は親会社の中国電力の社宅跡地。すでに泉源の掘削を始めている。敷地面積は約8700平方メートルで、鉄骨造り2階建ての銭湯と、200台収容の駐車場を建設する。建物は江戸時代の塩業跡地にちなみ、塩屋(かん水を煮詰めて塩の結晶をつくるための建物)をイメージしたものになる。


【2010年6月25日 日刊工業新聞社】