HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

川崎市、「ガラスガイドマップ」作成−歴史的背景など掲載

 川崎市は市内のガラスの歴史的背景などを掲載した「かわさきガラスガイドマップ」を作成した。5000部用意し、各区役所、市内ガラス工房などで配布する。

 主な内容として、川崎市とガラスに関する歴史的背景や「かわさきガラス」の可能性、市内ガラス工房や教育機関、事業者の連絡先と体験教室の有無などを盛り込んでいる。代表的なガラス工芸作品についても掲載している。

 同市には日本初のガラス工芸総合教育機関「東京ガラス工芸研究所」があり、900人程度の卒業生を輩出。市内はもちろん全国各地で作家、指導者として活躍している。

 また、市内には多くのガラス工房、ガラス工芸教室があり、ガラス工芸は地域資源となっている。その魅力を市民に知らせるため、市内ガラス工房の懇談会や横浜国立大学の協力を得て作成した。


【2010年6月3日 日刊工業新聞社】