HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都府、農村再生へ"仕事人"配置−府職員9人を派遣

 【京都】京都府は25日、過疎化や高齢化が進む農村地域に職員を派遣し、地域再生を支援すると発表した。「里の仕事人」と称する職員9人を、農村で地域再生に取り組む組織に26日付で配置する。農村地域の自立的発展に向けて、課題の把握・検討、解決案の提示・実施により地元組織と一体となって地域再生を目指す。

 2009年12月に策定した「里力(さとぢから)再生アクションプラン」に基づき、人材面で農村地域を支援する。同プランによる事業では09年度から5年間、地域再生に取り組む「命の里」を募集しており、現在10地区が活動。毎年10地区程度の応募を見込み、各地域に3年間集中的に支援する。

 府によると、職員を農村地域に配置するのは全国で初めて。地域産業衰退や医療、教育といった課題を克服して、地域の持続的発展を目指していく。


【2010年5月26日 日刊工業新聞社】