HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/菊正宗酒造・嘉納毅人社長「元気の元づくり」

 「日本酒に対する考え方を変えてほしい」と真剣なまなざしで訴えるのは菊正宗酒造(神戸市東灘区)社長の嘉納毅人さん。清酒業界の衰退を懸念する。

 日本酒は神戸市の地場産業の一つ。「江戸時代から百薬の長と言われ、少量だと脳や心臓疾患のリスクが3割ほど低下する」と、健康への効果を力説する。

 同社は独自の酒造法「生(き)もと造り」を利用した乳酸発酵飲料で、健康食品分野に参入しており、生もと造りを元気の元づくりに役立てる考え。「これをきっかけに日本酒の復活につながれば」と人気の再醸成を狙っている。


【2010年5月18日 日刊工業新聞社】