HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

全国中央会とJA全中、今年度の農商工連携事業で地域リーダー育成

 全国中小企業団体中央会と全国農業協同組合中央会(JA全中)は、農商工連携に関して2010年度に共同で取り組む事業内容をまとめた。現場に近い県域レベルで情報交換や研修会および地域リーダーの育成などを実施。全国レベルではファーマーズマーケットの視察や合同研修会などを開く。現場認識を深めることにより、事業推進や事業協同組合設立につなげる。

 中小企業者、農林漁業者は後継者不足、高齢化といった共通の課題を抱え、食料自給率の低下や市場競争原理の浸透といった問題に直面している。このため、全国中央会とJA全中は農商工連携を推進しようと共同で「農商工連携推進研究会」を立ち上げており、今回、今年度に実施する事業をとりまとめた。

 全国中央会、JA全中は同研究会を今後2、3回開催するとともに、合同研修会を7、11月の2回実施する。また、連携事例の整理や担当部署の相互利用、人材育成事業への参画などを進めるとともに、新たな商品開発などに成功している中小企業組合を選定し優良組合として表彰する。


【2010年5月12日 日刊工業新聞社】