HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

聖徳大短大、千葉興銀と連携協定−「千産千商」プロ参加

 【千葉】聖徳大学短期大学部と千葉興業銀行は10日、産学連携協定を結んだ。相互連携により、両者の持つノウハウを最大限活用し、千葉県の地域社会への貢献を図る。具体的連携施策として、同行主催の「千産千商2010」プロジェクトに、同短大の総合文化学科の学生が参加する。同行の取引先を通じて入手した県内産の食材を用いたオリジナルレシピを制作。今年9月に同学部内で展示・販売する。

 展示・販売のブースづくりに加えて、PR誌やポスターも学生が作成することなどによって地域活性化につなげる。このほか、同行へのインターンシップ(就業体験)や、同行職員による講義を開催する予定。

 同日、同県松戸市の同短大で「連携協力に関する基本協定書」の調印式が開かれた(写真)。川並弘昭学長は「今回の連携をきっかけに、企業人としての意識教育をしていく」と述べた。また青柳俊一頭取は「産と学の情報を集め、新たな地域貢献策を考えていく」と連携への期待を示した。


【2010年5月11日 日刊工業新聞社】