HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

人育む/佐賀県窯業技術センター・勝木宏昭所長「ここに技“有田”」

 「まねされない技術を開発して他産地に勝つ」と意気込むのは、佐賀県窯業技術センター(佐賀県有田町)所長の勝木宏昭さん。400年続く伝統産業である陶磁器やファインセラミックスの技術開発を日々行う。

 土、色、強度、軽量化など「特許が取れる有田焼で差別化する」と力を込める。有田焼は売上高がピーク時の約4分の1に落ち込む。工程にデジタル技術を取り入れ、人材育成に取り組むなど復興に力を注ぐ。

 だが伝統産業が疲弊するのは佐賀県だけではない。他県も同じ状況。そのため「エリアで考える必要があり、九州各県の産地と連携して基準づくり」を進める。産地間で競争するだけではなく「同時に“共創”もやっていく」とか。(佐賀)。


【2010年4月26日 日刊工業新聞社】