HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

田村薬品、奈良県産7種の素材でブレンド茶発売

 田村薬品工業(大阪市中央区、田村恵昭社長、06-6203-4861)は、奈良県産の大和茶葉やクズの葉、黒豆、柿の葉、イチジクの葉、はと麦、大麦を用いたブレンド茶「万葉一茶(まんよういっさ)」を発売した。奈良県産の素材や技術を全国に発信する取り組みの第1弾で価格は147円。数量限定で初年度14万本の販売を見込む。

 万葉一茶は奈良県産の7種の素材と、同社がダイエット効果について研究しているマテ茶をブレンドしたもので、食事にも合う味に仕上げたのが特徴。同社は奈良県に工場があり、大和茶葉など多くある同県産の素材が一般にあまり知られていない点に着目した。

 今年度半ばに、奈良の素材を使った第2弾の商品を投入する方針。


【2010年4月14日 日刊工業新聞社】