HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

愛媛大、純米酒を開発−22日に販売

 【松山】愛媛大学は島田酒造(愛媛県東温市)の協力を得て、同大学ブランドの特別純米酒「媛の酒」を開発した。限定約2300本生産。22日にオープンする同大学の販売店「えみか」で売り出す。価格は1本(720ミリリットル)1400円。

 「飲める食中酒」をコンセプトにした辛口の特別純米酒。原料米として、無農薬・有機肥料で栽培し、食べる米にも使える安心米(松山三井)約1トンを使用。愛媛大生が米の精米から酒母、もろみの仕込み、上槽、瓶詰、名称、ラベル、箱のデザイン作成などにかかわった。


【2010年4月6日 日刊工業新聞社】