HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

広島県商工会連合会、広島焼そば全国展開へ

 【広島】広島県商工会連合会(広島市中区、植田賢治会長、082-247-0221)は「広島焼そば極〜きわみ〜」を4月1日に発売する。価格は大半が広島県産の具材入り、2食パックが1500円。アンテナショップ「ひろしま夢プラザ」(広島市中区)と「むらからまちから館」(東京都千代田区)で販売するほか、ネット通販も行う。業務用とみやげ用の2種類で、まず4000食の完売を目指す。

 メーンの具材は広島県産カキと国産ホルモン。独自開発した麺に混ぜ、ワイン入りソースで鉄板焼きにする。広島焼そばの特徴である「イカ天」も加える。

 メニューに広島焼そばを入れた飲食店を「焼そば匠(たくみ)の店」として認定する。現在、101店舗が加盟している匠の店を6月をめどに追加募集し、「広島焼そば推進協議会」を設立する計画だ。


【2010年3月16日 日刊工業新聞社】