HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

高知中小2社、龍馬関連グッズを発売

 お酒もトイレットペーパーも"龍馬"がいるぜよ―。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の放映で「ブーム再来」の感がある坂本龍馬にちなんだ製品を、高知県の中小企業が相次いで発売している。

 菊水酒造(高知県安芸市、春田誠郎社長、0887-35-3501)は、龍馬の姿をかたどった麦焼酎「E―STYLE 龍馬」を発売した。価格は360ミリリットル入りで1000円。ペットボトルタイプで、ボトルキャップは龍馬の頭部を再現した。飲み終えた後は観賞用として部屋に飾って楽しめる。

 一方、望月製紙(高知県土佐市、森沢良水社長、088-854-0831)は、坂本龍馬の言葉を「悩みがあるがか? 何でもゆーたらえいがよ ここには誰もおらんき ほんで 後は水に流したらえいがやき」などと"トイレ仕様"にアレンジしたメッセージをのせたトイレットペーパー「龍馬からの恋文(らぶれたー)」を発売した。龍馬がいたらこんな言葉で勇気づけてくれるはずというコンセプト。1個300円。いずれも高知県内の土産物店などで販売する。(高知)


【2010年3月8日 日刊工業新聞社】