HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/有田焼卸団地協同組合・田代章次郎専務理事「佐賀の良さPR」

 「佐賀の食材と絡めて売り込む」と意気込むのは、有田焼卸団地協同組合(佐賀県有田町)専務理事の田代章次郎さん。同組合が窯元と開発した食器シリーズ「匠の蔵」が好評だとか。

 「佐賀は佐賀牛や呼子のイカ、竹崎カニなど食材は豊富だが、アピールが弱い」と嘆く。食器と料理を組み合わせ「大消費地でPRし、佐賀県の良さを知ってもらいたい」と期待する。

 個食化などで食器の利用量は減少しているが、「しつけや食育にも役立つ。家族を結びつけられる」と期待する。食材だけでなく地域や家族を受け止める大きな器の力を信じている。(佐賀)


【2010年2月22日 日刊工業新聞社】