HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都産業21、外国人向け観光案内システムの実証実験を実施

 【京都】京都産業21(京都市下京区、石田明理事長、075-315-9234)は9、10日の2日間、外国人向け観光案内システムの実証実験を東映太秦映画村(京都市右京区)で行った。外国人ビジター遠隔ガイドシステムと多言語音声翻訳システムの2種で、通信にはウィルコムのPHSを用いた高速無線通信サービス「XGP」を利用。約20人の外国人が参加した。

 同システムはカメラ付きヘッドマウントディスプレーを装着し、観光相談センターの音声案内を受けながら観光する。ヘッドマウントディスプレーを通じて観光客が見る映像と、相談センターが提供する観光情報などの映像を双方で共有して会話できる。


【2010年2月11日 日刊工業新聞社】