HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

明星大、地元企業と青梅マラソンタオルを製作

 明星大学は地元のタオルメーカーであるホットマン(東京都青梅市)と共同で「青梅マラソンスポーツタオル」を製作した。「タオルは青梅の伝統産業。地域活性化の一助になってほしい」(佐久間美智子副学長)と期待を込め、20日からマラソン会場で販売する。

 青梅マラソンは全国から2万人が集まる一大イベントになり地域をPRするには絶好の機会。「毎日使うタオルが青梅を思い出すきっかけになる」と学生からデザインを募集した。応募にあたり学生はホットマンの工場を見学しタオルの作り方を一から学んだ。

 約20の作品が集まり最優秀に選ばれたデザインが1枚ずつ手刷りでプリントされた。用意したタオルは2000枚。「デザインから製造まで正真正銘の青梅産タオル。大会の思い出とともに末永く使ってほしい」と願いを込める。(立川)


【2010年2月5日 日刊工業新聞社】