HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

福泉窯、有田焼の装飾施したステッキ発売

 福泉窯(佐賀県有田町、下村正美社長、0955-43-2251)は、有田焼の装飾を施したステッキ「kz―arita」を2月初旬に発売する。伝統工芸技術と医用工学に基づいて機能性を両立した製品。高級志向の消費者にアピールする。

 発売するのはL字型とトーラス型の2種。価格は3万5000円から。木製のグリップ、シャフトの間に陶磁製の装飾部を配置し、有田焼の伝統的絵柄などを描いた。希少な高級材「紅木(こうぼく)」を使用した製品も受注生産する。石突き部分には滑りにくく、耐摩耗性のある素材を採用した。

 「グッドデザイン賞」審議委員会委員などを務める工業デザイナーの川崎和男大阪大学大学院教授に協力を依頼して開発した。インターネットや百貨店などのほか、介護施設や海外での販売も計画している。販売目標は年間5000本。

 同社は高級業務用食器が主力の陶磁器メーカー。下村麗子専務は「疲弊した地場産業活性化の起爆剤になれば」としている。(佐賀)


【2010年1月25日 日刊工業新聞社】