HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

四国ツーリズム創造機構、四国観光モデルプラン作成

 四国ツーリズム創造機構(高松市、梅原利之会長=JR四国相談役、087-813-0431)は観光案内用の冊子として、「四国観光モデルプラン」と、7月19日から直島(香川県直島町)などで開催する瀬戸内国際芸術祭の観光をセットにした「瀬戸内国際芸術祭と四国観光モデルコース」を作成した。旅行会社などに配布し、四国への観光誘致につなげるのが目的。

 「四国観光モデルプラン」は11通りのプランを提案。「瀬戸内国際芸術祭と四国観光モデルコース」は10通りで、芸術祭と四国4県の名所巡りを組み合わせた。それぞれ、観光地案内と移動の目安となる所要時間も掲載した。

 同機構は、前身の「四国観光立県推進協議会」を改組して2009年7月に発足。JR四国や旅行会社などからも職員を派遣して運営に当たっている。(高松)


【2010年1月13日 日刊工業新聞社】