HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

日本公庫水戸支店と茨城県畜連、肉用牛ABLで協定

 【水戸】日本政策金融公庫水戸支店は茨城県畜産農業協同組合連合会(茨城県畜連)と「肉用牛ABLに関する協定書」を結んだ。常陸牛指定生産農家が牛の購入に必要な資金を、農畜産物などの動産や売掛金を担保に資金を貸し出す仕組みであるABL(動産・債権担保融資)により融資する。

 茨城県畜連に農家のモニタリングを委託したり、農家が債務不履行時に牛の飼養管理代行と市場売却を委託したりすることで、肉用牛の担保設定のみで牛の購入費の融資を実現する。

 日本公庫では千葉支店などで同様の肉用牛で協定を結んでいるが、ブランド牛に限定した協定を結ぶのは全国で初めて。


【2009年12月29日 日刊工業新聞社】