HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

鳥取市、「OSAKA光のルネサンス」に砂の彫刻を出展

 鳥取市は大阪市が開催中の「OSAKA光のルネサンス2009」イベントに、12日から砂の彫刻を出展する。鳥取砂丘から運んだ砂を用い、大きさは横12・6×奥行き7・5×高さ4・8メートル。砂像を出展し鳥取の産業や観光資源などをPRして関西観光客や企業誘致に結びつける。

 砂像のテーマは"都会に舞い降りた天使の物語"。ギリシャ神話の王女プシュケと恋愛の神キューピッドの話が題材で、制作は鳥取砂丘で砂の美術館を担当した茶圓勝彦氏。砂像は25日まで大阪市立科学館北側公共広場に展示し、砂像制作の実演やカニ汁販売、出張温泉などのイベントも行う。問い合わせは鳥取市関西事務所(06‐6341‐3990)へ。


【2009年12月11日 日刊工業新聞社】