HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

関東経産局、地域産業資源活用計画で9事業認定

 【さいたま】関東経済産業局は地域産業資源活用事業計画の第9号として9件の事業を認定した。認定対象事業は補助金のほか、設備投資減税、中小企業信用保険法の特例、政府系金融機関による融資制度など総合的支援を受ける。2007年10月の1号認定以来、管内累計認定件数は今回で120件。

 認定企業と事業名は次の通り。

 ▽魚の宿まるみつ(茨城県北茨城市)=あんこうなどを活用した漁師料理のパッケージ商品開発・販売▽ベストランド(茨城県つくば市)=採れたてのつくば市および茨城県産の野菜を使ったコンフィチュールの開発と販売▽宮澤食品(茨城県神栖市)=鹿島灘のかたくちいわしや、地域の野菜で作るパテと地元の伝統漬物を活用したスポーツ健康食品などの開発・販売▽月星食品(栃木県足利市)=栃木県産のトマトなどをベースに活用した万能ソースの開発と販売▽朝倉染布(群馬県桐生市)=撥水機能を生かしたアイデア商品の製造販売▽小町食品(千葉県銚子市)=千葉県産落花生と千葉県産農産物を活用した地域お菓子の製造販売ネットワークの展開▽吉野酒造(千葉県勝浦市)=未利用資源である「梅」「夏みかん」など果樹類を活用したリキュール開発販売事業▽木村飲料(静岡県島田市)=静岡県島田市のバラを使った「おもしろ飲料」の開発・販売▽やま八(静岡県焼津市)=マグロの刺し身加工時に発生する切粉を活用した新しい料理用食材・素材の開発と販売


【2009年11月26日 日刊工業新聞社】