HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都府など、来年夏から「京の七夕」祭りを実施

 【京都】京都府、京都市、京都商工会議所、京都仏教会、京都市観光協会、京都府観光連盟の6者は17日、2010年夏から「京の七夕(仮称)」事業を実施すると発表した。「伝統の復活と良き未来を願って」がテーマ。平和や地球環境などへの願いとともに、新たな観光客誘致や和装・伝統産業の振興を図る。集客目標は約100万人。

 堀川遊歩道沿い(京都市上京区、同中京区)をメーン会場に、笹飾りなどで演出。京都の寺社仏閣や門前町、商店街も行事や夜間拝観、ライトアップを行う。日程は祇園祭と京都五山送り火の間で、観光閑散期の8月7日(旧暦の七夕)を中心とした7―10日間。

 事業費は1億―1億5000万円を見込み、伝統産業界などに広く協力を求める。提案者の有馬頼底京都仏教会理事長は「(京都三大祭りが)京都四大祭りになるよう努力する」としている。


【2009年11月18日 日刊工業新聞社】