HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

アサバ、栃木県産イチゴで焼き菓子−百貨店などに専用コーナー

 アサバ(栃木県日光市、浅場次男社長、0288-32-2251)は、栃木県産イチゴ「とちおとめ」を使ったデザート・菓子を集めた専用コーナー「いちごおとめコレクション」(仮称)を福田屋百貨店などで2010年から展開する。チーズケーキ、クッキーなど7、8種類のラインアップで、同社のフリーズドライ製法によるイチゴを使った焼き菓子をPRする。

 同社はチーズケーキ、焼き菓子などを中心に手がけている。イチゴは水分を多く含むため焼き菓子にはあまり用いられなかったが、08年にフリーズドライ製法のイチゴを使った菓子で経済産業省などの地域産業資源活用事業の認定を受け、「いちごおとめ」ブランドで商品展開している。

 新設する専用コーナーでは「とちおとめ」を使ったデザートを土産や贈答用にアピールする。チーズケーキ、クッキー、パイまんじゅう、ガレットのほか、ロールケーキなどを新たに加えて、イチゴコレクションとして展開する。専用コーナーは福田屋のほか、伊勢丹などにも提案する。(宇都宮)


【2009年11月17日 日刊工業新聞社】