HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/JR九州・唐池恒二社長「"ニラ列車"も」

 「1株から年に何度も収穫できるイチゴから始めようかと思った」と裏話を披露するのは、JR九州社長の唐池恒二さん。2010年春に大分市で農業事業に参入する。ただ、実際に作るのはイチゴではなくニラだ。

 大分県はニラの一大生産地。その中で「3.5ヘクタールの農地で最大200トンを生産する。大分県のニラ生産量の約7%を占める」という本格的な事業展開を見込む。

 駅弁などにニラを使うだけでなく「"ニラ列車"も走らせたい」と冗談が飛び出す。だがアイデアマンだけに、冗談ではなくニラたっぷりのモツ鍋を食べながら、景色を楽しむ列車が実現するかも。(福岡)


【2009年11月4日 日刊工業新聞社】