HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神山レース、レースを使ったオリジナルブランドを展開

 【宇都宮】神山レース工業(栃木県佐野市、神山慎吾社長、0283-25-1521)は、レースを使ったオリジナルブランド「フェアリーレースフォレスト」を年内にも展開する。同社は女性用衣類向けのレース製造を手がけているが、オリジナル商品の展開で下請け体質からの脱却を目指す。ハンカチやランチョンマットなどを栃木県内の流通ルートで販売するほか、インターネットにも専用サイトを開設する予定だ。

 同社は2007年に栃木県内観光地の一部の土産物店向けにハンカチの製造を始めた。販売は好調で、新たな商品の引き合いが出てきたため、オリジナルブランドとして展開することを決めた。栃木県を代表する花や果物などと、妖精を組み合わせるデザインの商品を展開する。ハンカチ、ランチョンマットなどの女性用小物から商品化する。

 県内では土産物店やショッピングモールなどでの販売を計画。また、全国にブランドを発信するため、専用サイトを開設する準備を進めている。

 同社は女性用衣類向けに刺しゅうと、たて編みの2種類のレースを製造している。景気低迷が続くなか、オリジナル商品を新たな経営の柱にしていく考えだ。


【2009年10月21日 日刊工業新聞社】