HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

茨城県ホテル協議会、9日から県産豚肉使ったフェア開催

 【水戸】茨城県ホテル協議会(野中眞人会長=鹿島セントラルホテル執行役員)は6日、茨城県産豚肉「ローズポーク」を使ったメニューを、県内の七つのホテルで提供するフェアを開催すると発表した。9日から11月15日までの約5週間、各ホテルがローズポークを使ったシューマイやパエリアなどの料理を提供し、茨城県産食材をPRする。

 参加ホテルは、ホテル日航日立、大洗パークホテル、三の丸ホテル、鹿島セントラルホテル、水戸プラザホテル、オークラフロンティアホテルつくば、水戸京成ホテルの七つ。

 同協議会では「ホテルの枠を超えた共通の取り組みは、なかなかできなかった。食事をテーマに他県と違う独自性を出していきたい」(野中会長)とした。


【2009年10月7日 日刊工業新聞社】