HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

栃木県、伝統文化を地域資源に−風景百選の募集開始

 【宇都宮】栃木県は活力ある地域づくりを目的に「とちぎのふるさと田園風景百選」の募集を始めた。自然風景や環境と一体化した農村、伝統文化などの風景を県民から広く募集し、100年後にも誇れるふるさとの田園風景として100枚を選ぶ。

 選定後はホームページ(HP)などで情報発信するほか、県が「食」を軸に進める地域ブランド事業「とちぎ食の回廊づくり」と連携し、観光へのアピールにもつなげる。募集は2010年8月31日まで。応募書類には撮影風景以外に、地域の農業や伝統行事などの情報を記入できる。応募は風景のある市町村で受け付け、1人2点までとする。

 選定は「景観の価値」や「伝統文化」、「地域の活力」といった観点から審査するほか、専用のHPを立ち上げ、県民による投票も実施する。県農政部では「県民が誇りを持てる地域資源に育てたい」と期待を寄せている。


【2009年9月16日 日刊工業新聞社】