HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近ツー、田舎暮らしの実証実験開始

 近畿日本ツーリストは9―11月に地方自治体などと共同で田舎暮らしの実証実験に取り組む。農村部でボランティアで働きながら田舎暮らし体験をすることで、旅行商品としてのニーズや課題を抽出する。それにより、今後のビジネスモデルの構築を目指す。

 同社は体験型旅行商品インターネットサイト「旅の発見」を運営していることから、サイトを通してモデルプランを設定し参加者を募集する。設定したのは千葉県いすみ市の里山酪農、農業、果樹栽培のほか和歌山県日高川町の中山間地域農業、島根県吉賀町のひがんばな祭りの手伝いで計5コース。料金は1人1000―3万円(別途現地までの交通費、保険代)。同社はこれらの実績を田舎暮らし体験の受け入れ先の開拓や、地域交流ビジネス体験プログラムの企画・販売などにつなげる考え。


【2009年9月11日 日刊工業新聞社】