HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/天山酒造・七田利秀社長「酒造りタッグ」

 「チームワークが良い酒をつくる。『和醸良酒』だ」と笑うのは、天山酒造(佐賀県小城市)社長の七田利秀さん。130年以上酒造業を営む老舗だ。

 そんな同社が斬新(ざんしん)なラベルの焼酎「天山」を発売した。県内産の契約栽培米を使った純米酒粕焼酎だ。プロレスマスクを模したラベルは通称"テンザンマスク"。素材に佐賀県重要無形文化財の名尾和紙を使用。発売1カ月で「完売間近」とか。

 田植えや酒造り体験イベントなど地域交流にも力を入れる。「子どもの参加も多く、毎年にぎわう」と七田さん。良い酒造りのために、地域とのタッグもがっちり。(佐賀)


【2009年9月10日 日刊工業新聞社】