HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東京都など、10月に伊豆・小笠原諸島の魚を使った料理教室を開催

 伊豆諸島、小笠原諸島でとれた魚を食卓に―。東京都は東京ガスと共同で、東京・島しょ地域の水産物を使った料理教室を開く。10月中に首都圏の28会場で70回、1400人を対象に実施予定。料理方法のほか、東京の漁業についても紹介する。

 レシピは和食の「つきぢ田村」(東京都中央区)の田村隆氏が監修し、特別に作成した。今回用いる食材は伊豆諸島で水揚げされた「メダイ」。料理教室は、東京都のほか神奈川県、埼玉県などでも開催して、東京近郊の水産物を紹介する。

 伊豆諸島、小笠原諸島の水産物は「漁獲量が多くないこともあり、都民の認知度はいまひとつ」(担当者)という。食の安全や地産地消意識の高まりを受け、PRに乗りだす。参加者の募集は9月15日まで。問い合わせは東京ガス料理教室事務局(03-3423-3739)へ。


【2009年8月25日 日刊工業新聞社】