HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

富士通四国、高知・よさこい祭り向け検索システム提供

 お気に入りの「連(踊りのチーム)」探します―。富士通四国システムズ(高松市、小原不二夫社長、087‐812‐8200)は、9―12日に高知市で開かれるよさこい祭りに、連の踊る場所や時間を検索できるシステム「どこいこサービス」を提供する。

 本場高知のよさこい祭りに参加する連は150余り。観客は市内に点在する競演場・演舞場からひいきの連を探すのに一苦労し、道路渋滞に拍車をかける一因にもなっているとか。そこで、連が競演場・演舞場に設置されたパソコンに事前登録するだけで、観客が市内14カ所のどこいこサービスのブースのパソコンや自身の携帯電話のQRコードで時間や場所を検索できるようにした。

 もともとは、地元の商工会や高知県警から渋滞緩和策の一環として相談されたことをきっかけに、1999年にサービスを開始。富士通グループ全社のエコ大賞も受賞したが、「あくまでも地域貢献としてのボランティア活動」(小原社長)と、裏方として地元の熱い夏を盛り上げる。(高松)


【2009年8月7日 日刊工業新聞社】