HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

新潟会議所10会員、地元食材生かした弁当を試験販売

 【新潟】新潟商工会議所は会員の10事業者と協力し、地元食材を生かした「にいがた弁当」を完成、8月から試験販売を始める。弁当はスポーツ系「新潟地(ち)から弁当」と、ヘルシー系「新潟ぎっしりヘルシー弁当」に分かれており、各6商品ずつ、計12商品をそろえた。価格は900―1200円。

 弁当には新潟県産品が50%以上使用されており、新潟市の食材も最低2品以上入っている。「地から弁当」はスポーツに必要なエネルギーと栄養に、「ヘルシー弁当」はカロリーを抑え健康にそれぞれ配慮した。各事業者の既存販売ルートのほか、9月に新潟で行われる国体の競技会場でも販売を行い、全国からの来場者に新潟の食をPRしていく。


【2009年7月31日 日刊工業新聞社】