HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

つくばマルチメディア、地域情報を発信できるシステム発売

 【水戸】市区町村単位でコミュニティーサイトを運営しませんか―。つくばマルチメディア(茨城県つくば市、小田部文彦社長、029‐850‐6363)は、ウェブ上で地域情報を発信するコミュニティーシステム「@BLOG」を発売した。同社が運営する地域ポータルサイト「@TOWN」と連動して情報発信できる。ブログ作成機能や映像配信機能を備え、映像配信は「ユーチューブ」と連動する。専用サーバをIT事業者や行政向けに販売する。価格は初期費用約180万円で、運用費月8万円。

 契約した事業者は、地域ごとのコミュニティーシステムとして運営する。システムは個人の会員を対象したシステムと、ビジネスユーザー対象の2種類。中小企業向け地域ポータルサイトとして実績のある「@TOWN」の参加事業者の更新情報を地域ニュースとして表示し、リンクするなど「@TOWN」と連動させているのも特徴だ。

 ブログや映像配信のほか、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や地図機能、メーリングリスト機能も持たせている。ウェブカメラで撮影した画像をウェブ上に簡単に載せられるつくばマルチメディアのシステム「ライブビルダー」にも対応。トップ画面には運営者が撮影した地域の町並みや自然の画像を表示でき、地域性を持たせる。

 同社は保有する全国の市区町村名や地名のドメインも販売しており、「@BLOG」の専用サーバ契約者の地域名に該当するドメインがあれば無料で譲渡する。同社は今後、エリア単位だけでなく、業種・業界単位のシステムとしての販売も検討している。


【2009年7月24日 日刊工業新聞社】