HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

モラール、菜の花を使った化粧品を発売

 モラール(千葉県船橋市、光安輝雄社長、047-438-1238)は、千葉県の花の「菜の花」の葉と茎から抽出したエキスを配合した自然派化粧品「ビナパス」を開発、発売した。化粧品OEMメーカーの同社にとって独自ブランドの第1弾。県の産学官共同プロジェクトで県産業振興センターや千葉大学などの協力を得て3年がかりで開発した。

 光安社長は「菜の花を使った化粧品は国内で初めてで、南房総のお土産として開発した。千葉県の名産品に育てたい」と意気込んでいる。

 メイク落としは100ミリリットル入り3150円、洗顔フォームは120ミリリットル入り2940円、化粧水は180ミリリットル入り3360円など。インターネット通販のほか、マザー牧場(千葉県富津市)や京王デパート新宿店などでも販売している。(千葉)


【2009年7月20日 日刊工業新聞社】