HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

松山会議所、「坂の上の雲」商品化第2弾は菓子・タオル

【松山】松山商工会議所は司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」にちなんだ商品への名称使用で、新たに菓子とタオルのそれぞれ2商品を許可した。

 菓子では、うつぼ屋のいよかんむし菓子(2本入り1050円)と、亀井製菓の愛媛産小梅を使った焼きまんじゅうにホワイトチョコをかけた菓子(6個入り840円)。タオルは大浜タオルの環境に優しい無撚糸を使い、パッケージを雲のデザインにしたミニタオル(500円)などと、楠橋紋織の雲をイメージしたゲストタオル(1000円)など。空港、ホテル、土産物屋など各社の販路で発売する。「坂の上のミュージアム」内での販売も検討している。

 松山会議所は「坂の上の雲」の商標権を持つ司馬遼太郎記念財団から商品化権の許諾業務を受託し、商品を募集している。松山市が推進する「坂の上の雲」を軸とした21世紀のまちづくりの趣旨・理念に合致する、品質の高い商品が条件。各商品とも「坂の上の雲」のネーミングで販売する。第1弾で3社3商品を認定した。


【2009年7月17日 日刊工業新聞社】