HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/栃木マイクロブルワリー・横須賀貞夫代表「記憶に残るビール」

 「トマト、アスパラガス、ショウガ…、栃木県特産の唐辛子やニラでもつくった」と、指を折って数えるのは地ビール醸造の栃木マイクロブルワリー(宇都宮市)代表の横須賀貞夫さん。

 月末に設立1周年を迎える。「330ミリリットル瓶・60本からの小ロット受注が好評で、会社や結婚式の贈答用などの約50種を手がけた。これからも記憶に残るビールをつくりたい」と力強い。

 努力が実り、朗報も。「地元農園と農商工連携したフルーツビール『とちのめぐみ』が今年のジャパン・アジア・ビアカップで銀賞を受賞した。注文にも弾みがつく」と喜びに酔う。(宇都宮)


【2009年7月16日 日刊工業新聞社】