HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神奈川・海老名市の銘酒開発委員会、地産イチゴで発泡性ワイン

 神奈川県海老名市の酒店などでつくる銘酒開発委員会(神奈川県海老名市、半沢五 月委員長、046-231-5865)は、市内産のイチゴを使ったスパークリングワイン「あわベ リー」を発売した。同委員会による「いちごわいん」に炭酸を加え、フルーティーな甘み と炭酸の刺激で、すっきりした味わいにした。価格は500ミリリットル、1400円で、1500 本の限定生産。

 同委員会は、海老名市内にある酒店が中心となって結成。1988年に開発した「いち ごわいん」は同市の特産品第1号に指定され、今では同市の初夏の特産品として親しまれ ている。

 3年前からは、子どもやお年寄りにも飲めるようにと「いちご酢」を開発、ラインア ップの拡充を図っている。購入方法など、問い合わせは海老名商工会議所内の同委員会へ。 (厚木)


【2009年7月9日 日刊工業新聞社】