HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神奈川県、京浜臨海部の産業観光推進へ巡回バスを運行

 【横浜】神奈川県は京浜臨海部での産業観光を推進するため巡回バスを11日から運行する。環境技術に優れたモノづくりの現場や暮らしを支える産業の仕組みを学べる施設や工場を巡回コースとする。日本の産業発展を支える最先端の現場に触れてもらうことで、新たな観光の形を訴求していく。

 巡回バスはJR鶴見駅を発着点とし、横浜市鶴見区と神奈川区にまたがる臨海地区内を運行する。

 東京ガスの「環境エネルギー館」、東京電力の「トゥイニー・ヨコハマ」、日産自動車の「日産エンジンミュージアム」、キリンビールの「キリン横浜ビアビレッジ」の4カ所に停車する。

 実施期間は11日から8月29日の毎週土曜日で、一日8便の運行を予定。運賃は200円(小学生以下半額)。バスの運行は川崎鶴見臨港バス(川崎市川崎区)が協力する。


【2009年7月8日 日刊工業新聞社】