HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

尼の生揚醤油保存会、「尼の生醤油」発売

 尼の生揚醤油(しょうゆ)保存会(氏平競重会長=尼崎商工会議所会頭)は、1日から本醸造「尼の生醤油」の2009年度製品を販売する。江戸時代から生産され、明治・大正時代に最盛期を迎えたものの、第二次世界大戦で原材料調達難から生産が途絶えていたしょうゆの限定品。1月末仕込みで出荷量は750ミリリットル入り2万8952本。価格は1本700円。

 同保存会は尼の生揚醤油復活のため尼崎の地元企業と一般会員で1985年に設立。大手のヒガシマル醤油(兵庫県たつの市)に尼の生揚醤油の昔の独自製法で醸造委託した手作りしょうゆ。まろみのある芳醇(ほうじゅん)な香りで塩分を控えていることが特徴。問い合わせは尼新実業(尼崎市、06-6417-7111)へ。(神戸)


【2009年7月1日 日刊工業新聞社】