HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

エーデルワイス、兵庫・尼崎に新本社工場−洋菓子博物館を併設

 エーデルワイス(兵庫県尼崎市、比屋根祥行社長、06‐6426‐2561)は、29日に新本社工場の完成式を行う。7月からは同工場内で洋菓子製造工程を見学できるミュージアムも開設する。尼崎市が産官連携で取り組む産業観光の新拠点として、注目を浴びそうだ。

 新本社工場は旧本社工場を建て直した。敷地面積2500平方メートル、鉄骨造4階建て、延べ床面積5000平方メートル。1―3階が洋菓子製造と配送センターで、工程ライン整備で合理化を図った。4階に多目的ホールとミュージアムを開設する。投資額は16億円。

 工場見学コースではガラス越しに洋菓子の製造工程を見学できる。ミュージアムは欧州各国の製菓・製パンの型・器具や古書など5000点を展示。同社の創業者、比屋根毅会長は「洋菓子の世界の歴史が分かって、業界振興に貢献できれば」と話す。

 尼崎産業界では音羽電機工業が2008年9月に雷テクノロジセンターを完成。雷の人工発生装置など産業観光で人気を呼んでいる。エーデルワイスのミュージアムも尼崎の産業観光を盛り上げる一助になりそうだ。(神戸)


【2009年6月25日 日刊工業新聞社】