HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

広島・三次市、来月8日に工業団地の内見会

 【広島】広島県三次市は、県営三次工業団地III期の内見会を7月8日に実施する。広島市周辺の企業や、支店など出先拠点に参加を呼びかける。工業団地をPRし、進出を働きかける。内見会では団地現地視察だけでなく、ワイン醸造の三次ワイナリーなども見学に含めて、三次の魅力をアピールする。

 県営三次工業団地III期は、6月末に完成する分譲面積7・6ヘクタール(平地面積7.3ヘクタール)を3区画に分けて分譲する。誘致環境が厳しいため、完成したばかりの団地の現地視察を計画。村井政也市長も参加して、団地の概要を説明することでアピールに努める。広島県の職員も参加して、誘致を働きかけていく。

 内見会は、9時に広島駅を出発。工業団地だけでなく、美術館、ミヨシ電子の工場見学など、三次の文化的な魅力も併せて紹介していく。参加無料。申し込みは22日までに企業誘致課(0824-62-6621)へ。


【2009年6月18日 日刊工業新聞社】