HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

堺市と鉄道3社、エコ観光で地元PR−路線間横断ルート策定

 堺市は3日、徒歩や自転車による市内観光ルートの推進事業「堺eco観光」を、鉄道会社と連携して4日から始めると発表した。連携するのはJR西日本、南海電気鉄道、阪堺電気軌道(大阪市住吉区)の3社で、木原敬介市長と各鉄道会社幹部らが集まりキックオフの懇談会を開いた。

 堺市は鉄道路線が南北方向に並行して通っているため、路線間を徒歩や自転車で横断するルートを策定し観光マップを作成した。今回策定したのは仁徳陵古墳や重要文化財の古民家、伝統産業の会館などをめぐる2ルート。線香や刃物など地元産業を生かした商品販売や、旅行会社との連携などの取り組みも実施する。


【2009年6月4日 日刊工業新聞社】