HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

政府、09年版観光白書を閣議決定

 政府は2日の閣議で09年版観光白書を決定した。観光庁が08年10月に発足後、初の白書。旅行に関する動向や課題に重点を置いて分析し、20代では旅行への関心が2極化している傾向があることなどを紹介した。

 同庁は2月に約1万8000人を対象にインターネットで調査を実施。このうち、最近1年間の国内宿泊観光旅行回数が1回以上ある20代の大学生・社会人の6―7割程度が「旅行回数を増やしたい」と答えたのに対し、旅行回数がゼロの場合は5割以下にとどまった。このほか、旅行市場をけん引すると期待されている60代では、将来の生活や健康に対する不安を背景に、07年度の国内宿泊旅行の回数が前年度比15%減となった。

 同庁は「休暇取得を促進する環境整備やそれぞれの需要に合った旅行商品の提供が必要」としている。


【2009年6月3日 日刊工業新聞社】