HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

富士精工子会社、「霧しな生そば」を販売

 おいしいそばで活力を―。富士精工は子会社の富士エンジニアリング(愛知県豊田市、森清社長、0565‐53‐9701)を通じ「霧しな生そば」を販売している。長野県・木曽御岳山麓の開田高原産で、つゆ付き6食入りが2500円。打ち立てを冷凍してあり豊かな香りが楽しめる。

 同子会社は金型製造やエンジニア派遣が主力。食品販売は門外漢だが「この不況期にみんなを元気づけたい」という森清富士精工名誉会長の思いで始めた。もうけは度外視。自らほれ込んだそばだけに森名誉会長がトップセールスするほど。

 富士精工はトヨタ自動車向けの工具が主力。「受注水準は25年前のレベルに落ちたが、悲観も落胆もしない。今こそできる提案もある」(同)ときっぱり。おいしいそばの条件はのどごし、風味に加え、歯ごたえを生むコシ。ビジネスもそば同様、“粘り腰”がポイントのよう。(豊橋)


【2009年5月27日 日刊工業新聞社】