HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

インタビュー/足利銀行頭取・藤沢智氏「預金増やし財務強化」

 世界不況で多くの地方銀行が09年3月期決算で赤字転落する中で、足利銀行は一時国有化の終了後初の決算をほぼ中期経営計画通りに乗り切った。09年度は2010年度中の株式上場に向けて、まさに正念場となる。ただ栃木県経済は先行き不透明感が増している。どう戦略を描くのか、藤沢智頭取に聞いた。

 ―今年度は上場に向けて正念場を迎えます。単体は当期純利益248億円の計画ですね。
 「今年に入って不良債権処理損失額が積み上がり、予想を大きく上回った。これを踏まえなければならないという問題意識から、前年度に保守的な貸倒引当金を計上した。今年度は中期計画に織り込んでいた100億円と合わせて約200億円の不良債権処理損失額であれば計画を達成できる」

 ―上場へは財務体質の強化が求められます。
「やはり預金を殖やさねばならない。それが懐の深さになる。やや数字の動きが鈍いと感じているので、あらためて行員のモチベーションを高める。もともと預金は5兆円超あった。破たんして1兆円が流出してしまったが、これを取り戻さなければ成長はないとさえ思っている」
 「OHR(経費効率)も低くしたい。IT化しないと抜本改革にならないので、2年後に基幹系システムを全面更改する。それまでは知恵を絞り、ケチケチ作戦で経費削減に取り組む」

 ―地銀間の競争が激化しています。
「鍛えられ、打ち勝ってこそ真の実力だ。この1年間で競争の体制も整ってきた。計画通りに推移したことで顧客の信頼感も生まれたのではないだろうか。快適な店舗づくりに取り組むほか、来年には女子行員の制服を導入する。こんなところからも『変わった』ことをアピールしたい」

 ―多くの地銀が赤字転落し、再編も焦点となっています。
 「まず『地銀経営とは何か』を考えなければならない。あくまで地域に根ざして一緒に歩むことが大切だし、地域が疲弊しているのであればどう立て直すかを真剣に考えなければならない。合併しても事業基盤が異なれば相乗効果は薄れるし、規模が大きくなったからといって世界に打って出るわけではない。広域のスーパーリージョナルバンクを目指す地銀もあるだろうが、当行は考えていない」

 【略歴】ふじさわ・さとし 70年(昭45)東北大法卒、同年商工中金に入る。02年理事、05年商工サービス社長、06年商工コンピューター・サービス社長、08年足利ホールディングス社長兼足利銀行頭取。岩手県出身、62歳。

 【記者の目/地域にこだわり存在感発揮を】
 足利銀行は4月にシンクタンク「あしぎん総合研究所」を開設した。産業を掘り起こし、連関のハブ(軸)となって活性化するのが狙いだ。現在は観光業をテーマとし、全国有数の観光地である日光の実態調査を始めた。「これは地銀の責務」(藤沢頭取)と、ここからも地域へのこだわりを感じる。存在感を発揮してほしい。(栃木・杉浦武士)


【2009年5月26日 日刊工業新聞社】